logo-bk Menu

JEWEL BOX #003

3回目となるJEWEL BOXでは、
OFS galleryでも取り扱うEtsuko Sonobeをはじめとする
5名の作家によるジュエリーフェアを行います。
 
今回は“online exhibition”として、
お家でも美しいものを眺める豊かな時間を過ごせるよう、
ギャラリーを訪れたかのような展示空間をつくりました。
 
それぞれの目から見える光、色、かたち。
そこから切り取った風景を身につけるように、
彼女たちの感覚の断片に触れてください。

 
Etsuko Sonobe
Emika Komuro
Kazuko Mitsushima
KIRAYURINA
YURI MIYATA

 

会期:2020.5.8(金)– 6.14(日)

 

JEWEL BOX Instagram ※着画もご覧いただけます。

 

JEWEL BOX online ※ご購入用サイト

 

※「新型コロナウイルス」の影響により、現在スタッフの健康と安全に配慮した運営体制をとっております。

そのため、ONLINE SHOPに関しても注文は24時間受け付けておりますが商品の発送は週2回程度の出荷日を基本とさせていただきます。お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんがどうぞご了承ください。
詳細は以下ページご確認ください。
https://jewelboxofs.thebase.in/about

 

【作家プロフィール】

 

Etsuko Sonobe

武蔵野美術短期大学工芸デザイン専攻科卒業。企業のプロダクト製品の商品開発にデザイナーとして携わるとともに、自身ジュエリーブランド「etsuko sonobe」を展開。また、コンテンポラリージュエリーの制作を続け、国内外での個展やグループ展 、アートフェアなどで作品を発表。日本のコンテンポラリージュエリー界を代表する作家として、国内外で高い評価を得ている。

 

Emika Komuro

2016年武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 金工専攻卒業。

結婚指輪を主とするオーダーメイドジュエリー店にてデザイナーとして勤務。2018年より、彫金・七宝技法を主に使った工芸・ジュエリー作家として制作を開始。自身の中にあるもどかしさを採集するようにドローイングへ落とし込み、作品やジュエリーを制作している。

 

Kazuko Mitsushima

甲南大学社会学部心理学科卒。彫金を学んだ後、シアトルの「ピルチャックガラススクール」など各地で吹きガラス制作技術を磨き、ガラス作家として独自のスタイルを確立。ガラスジェエリーの他、木や紙とガラスを組み合わせたオブジェなども発表。ニューヨーク「コーニングガラス美術館」「アート&デザイン美術館」、エディンバラ「スコットランド国立美術館」などに作品が収蔵されている。

 

KIRAYURINA

ミラノ アカデミア・ブレラ 絵画科卒業。イタリアの建築とスイスの自然に影響を受け、木を使った壁面作品を作り始める。帰国後、些末な事からブローチに興味を持ち、オブジェのようなジュエリーという意味を込めた造語「オブジュエリー」として木とアクリルで制作している。

 

YURI MIYATA

大学でセラミックデザインを学んだ後、洋食器会社に形状デザイナーとして勤務。その後、2015年より東京を拠点に、山で見つけた植物や景色、実際に歩いてその場で感じたことを大事にしながらジュエリーのデザインと制作を行う。

身に着ける方の生活に寄り添い、街でも自然の空気を感じられるようなアイテムを提案している。

 

OFS Gallery