2016.02.13

キギの渡邉良重とHORO Kitchenによる、美しいちらし寿司で春のお食事会<終了しました>

※ご来場ありがとうございました。また次の季節の開催をお楽しみに。

 

東京では桜の開花宣言もされ、いよいよ春本番が近づいて来ました。

先日開催した「KIKOFの器で彩る日本の四季」シリーズ第一弾、「春のお食事会」の模様をお届けします。

 

OFS Galleryに飾られたキギ渡邊所有の「御殿飾りのおひなさま」を前に、HORO Kitchen遠山さんによる

色鮮やかな春を感じさせるお料理がたくさん並びショップ内はすっかり春のにぎわい。

遠山さんからは、この日のメニューである「若菜のちらし寿司」のワンポイントアドバイスも。

 

「桃色に染まった酢漬けのゼリー寄せ」は先日滋賀に訪れた際に見た、夕暮れ時の琵琶湖の美しい景色を

お料理で表現されているとのこと。味はもちろん見た目からも滋賀の自然の美しさを感じられ、皆様に大変好評でした!

 

八角形の特徴的なデザインをどのように陶器にしていったのか、実際の制作のことや職人さんのこだわりのポイントなど

KIKOFの職人さんや滋賀県にまつわる説明を挟み、よりKIKOFの世界観を知って頂く機会にもなりました。

 

KIKOFの器を通して四季を感じて頂くこのシリーズ。次回は「夏」をテーマに開催予定です。どうぞお楽しみに。

 

HORO Kitchen(ホーロー・キッチン)

遠山夏未氏主宰。一枚の布があらゆるものを包むように、一杯のスープは小さな子どもから病人まで、あらゆる場所のあらゆる人の内側を包み込んでくれる。ケータリングや広告・雑誌でのレシピ提供から食まわりのデザインなど、自身の体験からスープを軸にした衣食住を提案。また旅先で出会ったスープから始まった、スープを通して旅を追体験するイベント“SOUP TRIP”の企画を続けている。OUR FAVOURITE SHOPの度々のイベントでお料理を担当。美味しさは勿論のこと、目にも鮮やかな盛り付けで好評を得ている。
www.horo-kitchen.com

 

Tweet