logo-bk Menu

アーカイブレポート|『photography & us #002』

会期:2021年10月22日(金)~11月28日(日)
会場:OFS gallery (OUR FAVOURITE SHOP 内)

『photography & us #002』〔past〕


 
写真を手に入れ、写真を飾る
 
「日常の中で身近にアートを感じて貰いたい」という想いから、手に取りやすい価格で作品を購入することができるという、新たな視点での展開で好評をいただいた「photography & us」の第二弾を開催しました。
前回の「photography & us」のラインナップとはまたがらりと変わり、広告界を中心に活躍する4人の写真家の作品が集まりました。

 
前回の『photography & us #001』のアーカイブレポートはこちら
 
〈参加作家〉 @インスタグラムアカウント
市橋織江
瀧本幹也 @mikiya_takimoto
藤井保
藤田一浩 @foujitakazuhiro
 
 
市橋織江さんは、ある一つの街だけで5日間撮影し構成された写真集「TOWN」から厳選した2枚組みの作品を展示してくださいました。実は、今回の展示のために組み合わされた特別な2枚組です。
 

 
何気ない日常の中で、わずかな時間の流れや空間の記憶が感じ取れる作品群となっています。
2枚並んだその景色は、異なる時間と場所が不思議にリンクをして、私達の中にまた新たな物語を生み出していくようです。
写真を見て、しばらく行けていない遠い海の向こうに思いを馳せてしまいますね。
 

 
瀧本幹也さんは、坂本龍一さんとルイ・ヴィトンが育んだ「ルイ・ヴィトンの森」を撮影した写真集『LOUIS VUITTON FOREST』から。長野県浅間山の森の繊細な表情を捉えた作品たちは、豊かな森の四季折々の風景を映し出しています。
 

 
今回の展示の中でも一際目立つ大判の写真は、瀧本さんらしいダイナミックな一枚。折り重なる雪の木々。一体どうやって撮影したのだろう、とその撮影方法も気になるところ。瀧本さんの持つ多角的な視点から捉えられた森の、温度や音が感じられるような作品群です。
 

 
藤井保さんは写真を中心としたアートマガジン『hinism』に掲載された、ハレアカラ山(マウイ島に位置する楯状火山)の静かな力強さを写し出した作品と、渡邉良重(KIGI)とのコラボレーションプリントを。マウイ島ハレアカラ山が魅せる自然の神秘的な光景は、地球のものとは思えないほど美しく、独特の空気感を纏っています。
 

 
渡邉良重(KIGI)とのコラボレーション作品は、鏡の反射を利用したグリーティングカードと、渡邉のイラストをグラスに施したプロダクトを藤井さんが撮影したものです。実は今回、OFSの写真展のためだけに特別に出してくださいました。
 


 
藤田一浩さんは、撮影で訪れた、海外の街かどで目にした風景の一片を作品に。ドイツ、フランス、アメリカなどさまざまな国で撮影されています。普段私達が想像するその国のイメージとは違い、その場所の日常の姿がスナップ写真のように軽やかな視点で切り取られています。
 

 
今回藤田さんの作品に合わせて新しく制作したネイビーのフレーム。ビビッドな写真の色合いがフレームの引き締まった深い紺と相まって際立ちます。
 
 
前回とうって変わって広告界を中心に活躍する4人の写真家の、作家としての目線を存分にお楽しみいただける展示となりました。「日常の中で身近にアートを感じて貰いたい」という想いから、手に取りやすい価格で作品を購入することができるのも本展の魅力です。雄大な自然の風景や、異国の地のあたたかな光、都市の日常の場面など、ご自身の日常とあわせて飾る場所を考えながら作品を見るのも楽しみ方のひとつです。
 
「photography & us」で展示されていた一部の作品は、引き続きOFS galleryで販売中です。
以下ページより詳細ご確認下さい。
 
戎康友作品
市橋織江作品
藤井保作品
藤田一浩作品

 
OUR FAVOURITE SHOP
tel. 03-6677-0575
営業時間内(木〜日 12時〜19時)
年末年始はお休みさせていただきます。

OFS Gallery